投資した不動産物件を自分で管理する場合のデメリット

多くの人は投資した不動産物件の建物管理と賃貸管理を管理会社に委託しますが、委託せずに自己管理をするのも可能です。自己管理する場合、管理会社に委託せずに済むため、委託手数料の分を抑えられます。しかし、自分で行う分、デメリットも発生します。 管理会社に委託していないと、投資した物件に問題があった際かかってくる電話はすべて自分に来るため、24時間365日電話がかかってくる可能性があります。火災報知器の作動や警報機、また水のトラブル、そして入居者からのクレームまであらゆる問題で夜中や遠出をしている時まで電話がかかってくる場合があります。そのため常に注意しなくてはならなくなります。 建物管理を自分で行っている場合、では本来ならば管理会社が工事の手配を行う分もすべて自分が行わなければなりません。台風や大雨で雨漏りや屋根が剥がれたりした場合も入居者のために手早く対応する必要があります。工場業者の方もすぐに対応できるとは限らないため、何度も何度も電話を行わなければならないこともあるようです。アパートの一つ2つの不動産投資であればまだ自分で管理を行うのはこれくらいならまだ大丈夫かもしれませんが沢山の不動産物件を持つとなるとかなり厳しいかもしれません。

実際の工事事例を配信中
ビフォーアフターを紹介しておりますので、

錆始めたら貼り替え時期です
放っておかず、専門業者に直してもらいましょう

格安!東京で解体業者がお届けする解体工事サービス
都内でお安く工事を済ませるなら専門業者に依頼しよう

KFC Hallってどんなとこ?
大人数もOKな広いホールもあります!

安心して塗装の見積りを依頼できるサイト
明確な保証制度を設けているため、万が一不備があった場合も保証を受けられます。

最新投稿

  • 未経験で不動産営業職に就職する時に注意すべきこと

    不動産業界は歩合制を取っているところがおおく、成果を出せば出すだけ給料がいただけます。しかし、不動産 …

    続きを読む...

  • 管理業務主任者を取得し、不動産会社で活躍する

    マンションには管理組合といったマンションを管理するための組織があり、区分所有法という法律で義務付けら …

    続きを読む...

  • 不動産営業マンの上手なクレーム付き合い

    「クレームが営業マンを強くさせる」といわれております。不動産の営業でもクレームはあります。少なかった …

    続きを読む...

  • 魅力的な資格である不動産の宅地建物取引士を取得

    宅地建物取引士というのは、日本にある主要企業で資格取得が奨励されている資格ランキングで、二位の中小企 …

    続きを読む...

お知らせ